忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16c1379a.jpegこの前印刷した帯を試しに車体に貼ってみました。
下地は西武アイボリーか何か。
結果は・・・。明らかにおかしい(泣
下地の色がどうもおかしいですね。
これじゃ昔の名鉄みたい。

4f102625.jpeg8800はマシな写真がなかったので8000で代用。
写真を並べてみると一目瞭然ですが、
実写のほうがどっちかというと、肌色に近く、もっと白っぽい感じですね。
この色をどう再現するか・・・。

エアブラシ使ってみます。使い方解らないけど・・・。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
1日ワンクリックお願いします。
現在86位です。
PR

IMG_0061.jpg今回は車体の帯の話です。
プロトタイプの8804編成は
グラデーション帯になっているので、これを再現します。
しかしこの帯、一番上が実寸で0.1mmという細かさ。
これは塗装できないと思い、ステッカーを製作しました。
この手のものには初めてIllustratorを使ってみましたが、
実寸で寸法が指定でき、かつ綺麗に出力されるのでいいですね。

IMG_0063.jpgP車の屋根も少しずつパイピングしております。
で、この8804編成は余った中間車の寄せ集めで、
パンタも8800形の中で唯一シングルアームパンタなので、
若干配管の取り回しが違います。

この角度じゃちょっと見づらいですかね

IMG_0062.jpg同じようなものですね(汗
配管止めは付けてありませんが、
別につけなくてもいいかなと思ってます。



 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村
1日ワンクリックお願いします。
パイピングも要領を掴むとおもしろい。

少し間が開いてしまって申し訳ないです。
これでもちゃんと工作はしている訳で・・・。
2537e379.jpeg阪急キットを切り詰めているため、
そのまま床板は使えないので、加工します。
まず1.0mmプラ板を
幅4.5mm×長さ60mm程度に切り出します。

IMG_0053.jpg台車受けの部分だけ切り取って試しにあてがってみます。
そしてこのときに真ん中の穴が開いている部分の
寸法を測っておきます。
 

6836f3b3.jpeg測っておいた寸法分以外の端をおよそ1mm切り落とし
橋を架けるように接着するとこうなります。
真ん中の部分はもちろんウエイトが入ります。


IMG_0055.jpgこんな感じでぴったりウエイトが嵌ってくれます。
若干ウエイトもはみ出るので、
そこをシロにしてゴム系で接着します。


a816e726.jpegさすがにこのままでは強度的に心配なので、
裏打ちしておきます。
ウエイトにゴム系を塗っておき、接着後にプラ部分に緑キャップを
流し込むのが強度的によいかと思われます。
このとき、床下機器が付けられるように
余白を必ず取ることが重要です。
ed5a5e3c.jpegあとは普通の床板のように機器類を接着して完成です。
途中から先頭車用が中間車用になっているのは
ご愛嬌ということで・・・(汗


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
ワンクリックお願いします。
現在78位です。
注文した雑誌(とれいん)が届かないー(泣

227cfbf2.jpeg57と絶賛並行進行中の新京成ですが、
パンタ車にパンタが乗っかりました(嘘
実際はシングルアームになる予定です。
つまり、車番も8804編成になり、編成も6両になります。

59cb5fb9.jpegランボードをつけてみました。
キット自体の配管モールドは全然違うので、
これから久々にパイピングります。


IMG_4876.jpg今回の新京成に使用される(であろう)床下機器たち。
頂点に君臨している(笑)のは東武5700系用のインレタですね。
これらのパーツの中にはMGだけしか使わないような
勿体ないシロモノもありますが・・・(汗

 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

にほんブログ村
1日ワンクリックお願いします。
現在81位です。

ea5172c5.jpeg毎年年末にかけて工作熱が燃え上がる時期でございます。

とりあえず、新京成8800の顔にライトが嵌りました。
使ったのは京急1500用ですが、
幅が若干広いので、真ん中で切断して左右別々にはめ込んであります。
また、この前面は京成3500用の妻板より幅が広いので、
幅を詰めてあります。
IMG_0044.jpgしかし、相変わらず幅が広かったので、
真ん中で分割して幅を詰めました。
が、このとき破損しそうだったので、上半分も分割しました。


IMG_0035.jpg同じく、上半分も分割しましたが、
こちらは両端を削ったほうがよかったですね・・・。



IMG_0004.jpg続いて床下。
阪急キットの床板は長さの関係上、そのまま使えないので、
写真のように台車受けの部分のみ残して、
中央の床下機器が付く部分はプラ板で復元します。
これでもそこそこの強度があります。
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
現在87位です。
新京成はだんだん形になってきました。

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/25 T.haru]
[03/18 masajyu]
[03/14 invite]
[03/12 サンダー]
[04/03 区間準急竹ノ塚行き]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
青い快速
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1992/07/22
職業:
大学生
趣味:
鉄道模型
自己紹介:
当ブログは鉄道系サイトとのリンクに限りリンクフリーです。
バナーが必要な方は上の画像を保存していただくか、
コメントなどしてコンタクトをお願いします。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]